第4回 讃岐饂飩88箇所巡礼
1日目 2003/3/25


 いよいよ、今年もこの季節がきましたね。
 中讃に実家のある私は、初日から西讃方面を攻略すべく、朝8時に実家を出て道中のコンビニや書店(←この時間、どこも開いてなかった)を1軒1軒しらみつぶしに店頭に並んだばかりのTJkagawa(潟zットカプセル)を探して走りながら三豊郡・観音寺方面に走った。途中、飯山の木村で朝食を取る。

 そして、善通寺の某コンビニにて店頭に並んだばかりのTJkagawaを入手。88箇所の紙を切り出した。




1軒目
みどり食堂(三豊郡)
 善通寺で88箇所の紙を入手した私は、今日のターゲットである三豊郡・観音寺方面に走った。そして、11号線で三豊郡に入った辺りで「そう言えば・・・みどり食堂ってあったなぁ・・・。」一軒目が決定する。
 今回は、全店でうどんの写真を撮ろうって決めていたのだが、いきなり撮り忘れる。食べ終わった後で気がつき、空になったドンブリを撮ってみた。後で家に帰って撮った写真を見てみると、丼の白湯から昇る湯気がええ感じやないの。弟に見せても、「逆に、新鮮な感じでいい。」と。しまったなぁ。これを書いているのは2日目が終わってから。2日目までほとんどが麺の写真だけしか撮ってない・・・。

2軒目
うらら(観音寺市)
 まだまだ旅は始まったばかり、まだまだ2軒目、余裕十分。
 お店に入ると、中には数人のお客さんがいて、その中の1人はすでにTJkagawaを持ってハンコを貰っていた。結構、恥ずかしがり屋さんの私、初の他の巡礼者との遭遇に驚き・コンタクトに失敗。
 そんなこんなで、まずはスタンダードにかけうどんを。

3軒目
まき(観音寺市)
 こうも、立て続けにガン!ガン!ガン!とうどん屋に行くと「あぁ・・巡礼・・」という気持ちになる。なんせ、今回は私に巡礼をする時間がかなり限られているから、私自身にとってかなりハードなスケジュールを組んだ。『1日10軒。大阪に帰るまでに50軒以上。』というものである。50軒以上行けていれば、GWや夏の盆休みにでも帰省した時に残りを回りなんとか達成可能な範囲だろうと思ったからである。

4軒目
大和屋(観音寺市)
 祖父の家がここからそんなに遠くなく数キロと言う事もあり、昔っからこの店の前は何回も通っていたので、「そう言えば、ちょっとへっこんだ所になんかあったなぁ。」という感覚でしかなかった。
 ここまで、湯だめ・かけ・かけときたので、そろそろ冷たいんをと思い『ざる』を。大和屋あなどれん・・・・これいい。(いや、あなどってたのは俺だけか。)  。

5軒目
中田屋(観音寺市)
 店に入った。いきなりの書き出しだが、なんか凄えなぁー。
 とりあえず、かけを注文した。いい香りがしてきてうどんが出てきて。おばちゃんが「天かすかけると美味しいよ。」と。歴史というか、なんかうどんはコシだけじゃないよって味わいがあります。
 ハンコをもらおうとしたら、どうやら私が1番客だったらしくおばちゃんが「ちょっと待って下さいね。どこ置いたんかなぁー。」と探しだす。ハンコをもらって「これからようけ人来ますよー。去年が400人以上達成してたから、今年も500人くらいは来ますよ。」言うたら、驚いてました。そんなになってるなんて知らんかったんやろうなぁ・・・。
6軒目
かじまや(観音寺市)
 この頃は、うどんと店の写真だけを撮っていっていたのだが、そりゃ店内に『無断撮影禁止』なんて感じの張り紙ありゃー、逆らえませんわな。すでにうどんの写真88枚を撮り続けるのはここで断念。

7軒目
上戸うどん(三豊郡)
 私が思う今回の難所4軒の1つだ。難所と言うても遠いだけなのだが・・・。
 しばらく、気持ちよく海沿いの11号線を走り、私の一番古いうどん屋の記憶・かな泉箕浦店を超えて、発見。店の外まで行列が出来ていた。
 かじまやでもかけうどんを食べたので、今回はぶっかけうどんを注文する。
 おわっ!かつて無い程の麺の太さ!太いと言うか、麺の幅が2本分ぐらい。噛み応え2本分な麺ですなぁー。

8軒目
(三豊郡)
 うどん屋をハシゴする時、たいがい私はうどん屋と次に行くうどん屋間の地図を前日に作る。簡単にフリーハンドで適当に目印だけを書き添えた地図を作る。そんな中で今回一番目印等が見当たらずにお店を見落としてしまいそうだったお店がここ、源だった。
 県道241号線を走って「この辺やなぁ・・・。」と原チャリのスピードを落としきょろきょろしながら走ると、先方に『讃岐うどん88ヶ所 2番→』だったっかこんな感じの看板が出ていた。判りやすい。

9軒目
まなべうどん(三豊郡)
 おかっしー・・・。もう満腹感が襲って来た。いや、おかしくない、正常な反応だろ。
 でもねぇ。俺にとって「ざるうどん」の美味しさ以外にポイントとなるのが、うずらの卵。これがあるだけで、なんとなくうれしい気持ちになる。うどんを食べ終えた後に、ダシに混ざりきらなかったうずらの卵の白身を「ずるっ・・・」っとね。

10軒目
田舎(三豊郡)
 今日は、ここで最後。っていうかこれ以上は食えねぇ。  うどんをずるずるっと食べて、ダシを一口飲んでみた時に思った。「このダシ美味い。」
 なんだろう・・・、イリコに・・・。それ以外にも何か深い味わいが。シンプルな中に深い味わいのあるダシでした。



 よぉしー・・・。1日目終了ー。

   とりあえず、当初からの予定として1日10軒ペースで行きたいなぁ。





>>2日目へ


>>戻る











SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO