中国・四国食べ歩日記 No.4
09年03月27日、09年03月21日、09年03月19日、09年03月18日、09年03月15日



  09年03月27日
広島へ行く前にとりあえずピックアップしておいた行きたいお店は制覇した事になります。



1軒目
四国うどん いよ路 (広島市安佐南区)

ようやく広島での要チェック店として、こっち来る前から
行こうとリストアップしてたお店の残り1軒、七軒茶屋の
"いよ路"に行く事ができました。

14時過ぎとお昼の時間は完全に外し行ったにもかかわ
らず、結構多くのお客さんが入っています。
この感じやとお昼時は間違いなく行列出来てるんやろ
うなぁ。

私にとっては楽に来れるお店やないから、ここは2杯食
べちゃいましょうか。って事で、まずは『かけうどん(200
円)』。メニューの横に"ひやあつ"可のコメントがあるの
は嬉しいね。説明しないといけない事もないし、躊躇わ
ずに「ひやあつ」と宣言します。

この麺の食感は、広島で今までで1番香川の讃岐っぽ
い。それも素朴な感じが良いね。気分は高松のちょっと
路地裏の製麺所って気分です。
コシはそんなに強いと思う訳ではないけど、プリプリし
た程良い歯応えに歯切れ感の良い麺。ダシは昆布が
効いていて讃岐とは別系統でやや甘味が強い。
価格も比較的安い設定なのが良いね。

で、2杯目は麺をストレートに楽しむ為に『ざるうどん
(320円)』。そのまんま食べると、やや粘り強い感じの
麺に思えるが、こっちも美味いね〜。



2軒目
さぬきうどん食堂 つるり (広島市安佐南区)

折角ここまで来たら、もう1軒ぐらいは行っときたいよ
ね。って事で、ちょっと北に行った所にある"さぬきうど
ん食堂 つるり"へ。
こちらは讃岐をうたってるお店であり、価格帯も香川・
讃岐を意識してなのか、先に行った"いよ路"を意識し
たものかわ解らんくれど、醤油うどん190円ってのは安
いね。
それに"食堂"ってだけあって、サラダ等のおかずもあ
りました。

さっき2杯食べた所やし、ここでは『しょう油・並(190円)』
だけに・・・、いや、やっぱ天ぷらも取ろっかな。で、『げ
そ天(65円)』。合計255円ですよ。安いですよ。
お店の奥には製麺部屋があり、小窓から中の様子が
見れる様になっています。

麺密度が高く、ずっしりと重量感のある麺は、ムニッと
粘り強くモッチリ感のあるコシの弾力。時間を外してた
し、多少置かれてた感じはあるが5分〜10分ぐらいな物
だろう。こりゃ良い方に予想外、結構美味いな。
この麺でこの価格帯なら、また行ってみたくなる。
麺の感じを例えるなら、・・・ん〜と・・・えーっと・・・、どっ
かで食べた感じに近いんやけどなぁ。ちと思い出せん。
大阪の白庵をもうちょい香川寄りにした様な感じ?門
真の讃岐一番をもっとモッチリさせた感じ?
なんか、そんな風な感じ。


  09年03月21日
今日は廿日市市手前ぐらいまで遠出してみました〜。



1軒目
はなまるうどん 広島五日市店 (広島市佐伯区)

広電五日市駅から歩いて2〜3分の所にある"はなまる
うどん 五日市店"。
以前は、ちょいとうどんが食べたい気分になったらフラ
っと週1〜2ぐらいのペースで行っておりましたが、広島
に来てからは近くになかったのもあって行っておりませ
んでした。

やっぱり、ここへ来たら"ひやあつ+コロッケ"が鉄板で
すな。って事で、トッピングコーナーで迷わずに『コロッ
ケ(110円)』を取って『かけうどん・小(105円)』を注文。
もちろん、かけうどん(ひやあつ)を注文する時は「かけ
、湯煎無し。」でOK。

やっぱり、どこででも同じ味を楽しめるってのは良いね
ぇ〜。
"どこでも同じ"ってのは、確かにお店・作り手自身の個
性に欠けるという点では、自家製のお店と比べ面白さ
は少ないですが、逆にとらえれば安定感がある。
場所が変われば、その土地土地の文化があある訳
で、その土地に馴染んでいるダシの味ってのがある。
香川の場合はイリコが有名なところですが、ダシが食
べなれた味やと、食べる側としてはとても安心感があり
ます。



2軒目
手打うどん 茶山 (広島市佐伯区)

"はなまる"でまず1杯食べた後に、阿品・宮島口方面
に向かって歩きます。
すこしして発見したのは、"茶山"といううどん屋さん。
営業開始の11:30分をちょっと過ぎたぐらいだった様
で、茹で立て麺を期待して入ってみました。
やっぱり冷たい麺が良いな。

とりあえず、カウンター席に座り『天ざるうどん(630円)』
を注文。その後、次々と駐車場に入ってくる車。アッと
いう間に、テーブル席は全部・客席の半分以上がお客
さんで埋まってしまいました。結構、人気店なんやね。

注文後厨房の様子を眺めていると、蒸籠から玉を取っ
て、水でほぐしざるに盛り付けられました。たも網があ
ったので、自分とこで麺を茹でてる感はあるのに・・・。
きっと開店時に合わせて茹で準備していたのでしょう
か?

ん〜・・・、ざると天ざるの150円差は、海老天1つか。
しかも、残念ながら揚げ置きで、しっとり感があります。
つけダシは昆布がしっかり効いていてなかなか旨味の
あります。
麺はフワフワプニプニ、箸で持ち上げて切れるという程
ではないが、歯に何も抵抗を感じないぐらい、歯応えも
口当たりも非常に軽い麺だ。
やっぱり、広島の人はこういう麺が好きなんやろうなぁ。



3軒目
うどん茶屋 光国 (広島市佐伯区)

造幣局広島支局前にある、"うどん茶屋 光国"までテク
テク歩いてみました。

光国(圀)っちゅーと、誰でもあの時代劇を思い出すと思
うのですが、店の前に張られたメニューを見ると・・・。
狙ってますなぁ。四角で囲まれた枠の中に『光国うど
ん』に『角さんうどん』『助さんうどん』(笑)。
折角来た事やし、ちょっと面白そうなので入ってみまし
ょうか。

店に入ると、おでんの良い香り〜。
入り口横の壁には、印籠もありました(笑)。
モッチリ柔コシの麺が続くのはキツイと思い、たまには
味を変えてみたいと思い『カレーうどん(630円)』にして
みました。

カレーダシは、トロみの少ないサラッとした牛肉入り。
牛肉の味がカレーダシに染み出し、これはなかなか良
い味していますぞ。
細目の麺は、肌が荒れ荒れで見た感じ、いかにも・・・
という感じがするが、食べてみると、麺はモソモソっと粘
り・もっちり・グミ感の少ないが、なにやら歯応えはちゃ
んとある。これが、コシなのか固さなのかがわかんね
ぇ・・・・。
ちょっと不思議な一杯でしたなぁ。




4軒目
さぬきうどん 天霧 五日市店 (広島市佐伯区)

"光国"で食べた後、次は楽々園近くの"天霧"へ。
こちらは、天霧フランチャイズ株式会社グループのお
店ですね。天霧って、昔、古高松界隈の西村ジョイの
近くにもあった所と同じグループなのかな?
違うか?

店内に入ってみると、少しお昼は過ぎていたが店内は
お客さんで一杯でした。
カウンター席に座り、すぐさまちょっと面白そうなメニュ
ーが目に止まったので、すき焼き風たれに漬けて食べ
る『豚冷温つけ麺(650円)』を注文。
たしかに、ダシに漬けて食べるから"つけ麺"は"つけ
麺"で間違いないんやろけど・・・。"豚冷温ざるうどん"
ってネーミングではダメだったんじゃろか?
やっぱり、うどんもラーメンのつけ麺ブームに便乗した
いってのがあるのでしょうか?

そんな事を考えてる内に、うどんが運ばれてきました。
まずは、麺だけチュルリといってみますと、ほのかに小
麦の甘味を感じる。
麺に固さや鋭さはなく、しっとりとした口当たりでもっち
り感が強いのが良い感じです。
豚肉、葱、ごぼう、玉葱等の具沢山な漬けダシは、しっ
かり濃い目の味わいで、キリッと味が立っている。ごぼ
うが良い感じやね〜。最近、なんだかごぼうが好きや
わ。


  09年03月19日
今日は広島市役所東側界隈で未訪問のお店へ行ってみました。



1軒目
手打ちうどん わら路 (広島市中区)

前に行った北夢の近くにある"わら路"という一般店形
式のお店に入ってみました。
雰囲気的には高松の街中細めの路地を一本入った所
なんかにありそうなうどん屋さんっぽい感じがします。

長い暖簾をくぐりお店に入ってみると、時間は18時過ぎ
でお客さんは今のところ私だけ。(私の後に1人入ってき
ました)
とりあえず『天ぷらおろしうどん・冷(670円)』を注文し、
待つこと3分少々でうどんが運ばれてきました。

海老天と大葉天、おろしと鰹節が麺の上に盛り付けら
れております。この価格帯なら、せめてカボチャでもサ
ツマイモでも、もう1種は。もうちょっとの豪華さは欲しか
ったなぁ。しかも、残念ながら天ぷらは揚げ置きで常温
に。
でもって、やや平た目の麺はとても柔らかい口当たり
で、伸縮性はなくコシも軽いけど、モチモチ・ぷよぷよ感
を感じることができます。
ぶっかけダシは、あまり鋭さがなくマイルドな印象で、
優しく柔モチの麺との相性はgood!


  09年03月18日
今日は鷹野橋界隈を散策してみましたー。



1軒目
こんぴらうどん えの (広島市中区)

広電鷹野橋電停から、鷹野橋商店街の1本北側の通り
を西に入ったところにある"えの"。「こんぴらうどん」っ
て、こないだ行った又兵衛と同じグループなのかな?
店内には同じ“こんぴらうどんの会”みたいな木製の看
板みたいなのが飾ってある。
又兵衛と同じザルうどんを注文しようとしたら「釜揚げ、
ザル、冷は無い」と言われてしまったので『生醤油うど
ん(500円)』注文したら、注文してから大将が麺を茹で
始めたので、ラッキー。

・・・・あっ・・・しまった!大将が、茹であがり水で洗い締
めた麺をテボに入れて温めだした・・・。ちゃんと「冷で」
って言うべきやったな。

温々の生醤油うどんは、湯切りが完全では無く器の底
に、ほんのり塩気ある茹で湯が溜まる。やや細身の麺
は温にして結構プリプリ感があり、麺の表面に張りのあ
るコシがある。
しまったなー!これはやっぱり「冷たいので」って言え
ばよかったな。そう思うぐらい、なかなか良い感じの麺
でした。

お会計の時に店員さんに少し話を聞いてみた。
同じ“こんぴらうどん”の又兵衛は、同じ所で修行してる
っぽいけど繋がりは無いって事。ここの生醤油は「温の
方が味が染みやすい」って事で温がデフォルトって事ら
しい。



2軒目
うどんと和菓子の ちから タカノ橋店 (広島市中区)

広島の至る所でみかける、チェーン店"ちから"。
これだけ展開しとるって事は、讃岐とは全く別でも期待
できるんじゃろか?"こんぴらうどん えの"の裏手側に
ある鷹ノ橋商店街の中にある“ちから”へ行ってみた。

店内は明るく綺麗。店員さんも女性ばかりだったので
女性も一人で入れる様な雰囲気の良いお店です。

厨房の台の上に、トレイに入った白い固まりを見て「あ
〜ぁ・・」っと思いながら『天ぷらうどん(490円)』を注文し
ます。そらもう19時前やし、この時間は難しいわな。

トレイから麺を取り、しっかり温められて1分程でうどん
が運ばれてきました。
麺はやや細目で、角が軽くとれて丸っぽさがある形状。
フワフワ食感の箸でキュッと摘まめばフニッと切れてし
まうヤワヤワで消化に良さそう。
海老の天ぷらは衣たっぷり。

厨房の様子を伺うと、茹で釜っぽいのもあるし、タイミン
グ良ければ茹でたてに当たる事もあるのかな?
ある意味、極めて"立ち食い"テイストなうどん屋さんで
す。そう考えると、関西でも何軒か食べた立ち食い系
のお店と比べると値段がちと高めな気もしますが・・・。


  09年03月15日
今日は、八丁堀界隈を散策してみますが・・・他にうどん屋が見つからず1軒だけ。



1軒目
さぬきうどん 郷や 八丁堀店 (広島市中区)

八丁堀の東急ハンズに買い物に出たついでに、ハンズ
の裏手側のうどん屋で軽く食べておこうかな・・・。
って思っていたが、"一風"は定休日、"得得うどん"は
店内清掃っぽくて今日営業すんのかどうか不明やし。
って事で、店舗は違えど2日続けて"郷や"へ。

ちょっと賑やかな辺りの裏手に位置するが、お昼時と
かは近所のサラリーマン等で賑わって、注文カウンター
に行列ができそうやねぇ。

今日は『冷しょうゆうどん・中(320円)』にしようかな。
注文したら直ぐに麺を丼に入れ、醤油をかけた状態で
渡してくれます。
まだ、開店してから間もない時間なので、トッピングの
天ぷらはまだかき揚げしか出来てなかった。トッピング
用の小皿取っちゃったし『おにぎり(80円)』でも取るとす
るかな。
天ぷら以外のトッピング取ってる写真って初めて?よく
覚えとらんけど、少なくともかなりレアやな。

麺は太いのがあったり細いのんがあったり、やや平べ
ったいのがあったりと手延し感があります。でも、太い
ってもそんなに太くはなく、それで標準的なサイズ。
軽いグミ系コシの麺は、歯切れ感も程良く、中でもズル
ズルっと入っていきます。
葱がザックザクとアバウト切りがまた面白い。


>>食べ歩き日記に戻る

>>トップページに戻る


SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO